goro's ゴローズ

雑誌フリー・アンド・イージー【Free & Easy】2008年1月号に、
シルバーアクセサリーで超有名なゴローズ【goro’s】の特集
が掲載されています。

ゴローズ

Free& Easy (フリーアンドイージー) 2008年01月号

出版社 イーストライツ ASIN: B000ZGKOI2 880円税込
※こちらの本はムック本ではなく月刊誌の特集なので、
「フリー&イージー」がなくなり次第販売終了だそうです。

特集 ゴローズ物語  何故ゴローズには魂が宿るのか

高橋吾郎、魂を語る。 ゴローズ魂のヒストリー。

ゴローズの魂を手に入れる。

ゴローズ

俺たちのゴローズメモリー
藤原ヒロシ/幹田卓司/真鍋太郎/木村東吉/宮崎哲男/
大平芳弘/神山均/長濱治

宇田川警備隊が分かる世代だと「懐かしい」話が沢山
出てくるそうなんですが、ゴローズファンなら保存版でも
損は無いゴローズカタログ&インタビューブックなので、
是非一度読んでみて下さい。

ゴローズ

先日発売された「YELLOW EAGLE(イエロー・イーグル)
【goro's(ゴローズ)高橋ゴローのライフストーリー・ブック】
とまた別の話も多く、高橋吾郎氏の作品も多数見る事が
出来るので、ゴローズファンはお早めにどうぞ。。。

高橋吾郎 ゴローズ
住所 東京都渋谷区神宮前4-29-4 上田ビル
営業時間 13:00-20:00 (休憩 17:30-18:30)
定休日 毎週水曜日
[PR]
ゴローズ

裏原マグという事で、藤原ヒロシさんのインタビューを
一部だけ引用して紹介したいと思います。

ゴローズ画像

高橋ゴローさんを初めてお見かけしたのは、もう25年前位の
赤坂MUGENでだったと思います。

ファッションショーか何かの打ち上げの時で、その時は遠くで
ゴローさんをお見かけしただけでしたが、その後渋カジブーム
と言われていた頃に、僕の周りの友達がみんなゴローズを
買っていて、僕も一緒に連れて行ってもらいました。

その時はフェザーはみんな革ヒモに付けていたんですが、
僕はどうしてもチェーンに付けたいと思って、その事を話すと
試行錯誤して時間をかけて付けてくれたのを覚えています。

何年か前に、僕が凄く気に入っていつもつけていたシンプル
なゴローズのクロスペンダントがあったんですけど、海外へ
行った時になくしてしまい、ゴローさんにその事を言ったら
手彫りのクロスをプレゼントしてくれた時は嬉しかったです。

ゴローズ画像

それからそのペンダントをしていると、僕がつけているのを
見て海外の人たちがどうしても欲しいと言ってくるんですよ。

日本のオリジナルのものじゃないのに、ゴローズのパワーは
国籍を超えて伝わるんだなって思いました。

今までいろんなシルバーアクセサリーを買っていますけど、
ずっとかわらず見につけているのはゴローズしかないです。

自分の中でゴローズは、不思議なスタンダード感みたいな
ものがありますね。

ゴローさん自身も不思議な温かい人で、何でも受け入れて
くれると言う感じがあります。

僕なんかゴローズファミリーみたいな人とも服装が全然違って
いたし、接点もあまりなかったんですけど、ゴローズが凄く好き
だって事を伝えると受け入れてくれて、親切にしてくれました。

温かい気持ちみたいなものは、ゴローさん本人に会えば勿論
もらえるんですが、このゴローズのアクセサリーを付けている
だけでも凄く感じるんですよね。

僕はあんまり神を信じたりオカルトを信じたりする方では
ないんですけど、ゴローズだけはそういう神秘的なところが
ありますね。 (HF)
関連記事

COMMENT 0

TRACKBACK 1

この記事へのトラックバック
  •  VISVIM ビスビム2005A/Wカタログ
  • 藤原ヒロシ氏プロデュースショップVISVIM(ヴィスヴィム)FILより2005年秋冬カタログが到着しました。こちらのカタログは非売品で、購入時にダイレクトメール用の住所等を記入した方へ順次発送をしているようです
  • 2008.01.04 (Fri) 08:46 | 裏原ファッションブログ 裏原マグ