VOGUE HOMMES JAPAN創刊

メンズモード誌ヴォーグ・オム・ジャパンが創刊されました。

VOGUE HOMMES JAPAN (ヴォーグオムジャパン) 2008年 10月号 [雑誌]

VOGUE HOMMES JAPAN 2008年10月号(楽天版)
VOGUE HOMMES JAPAN 2008年 10月号創刊号
ASIN B001EXRDRU JAN 4910078961089

9月と3月の年2回の発行を予定

コンセプトは「20世紀的な男らしさとの決別」。

繊細で知的、上品で自省的などへ移り変わるメンズ・モード
から発信されるハイエンド・モード・マガジンだそうです。

映画Sex and the Cityブームもあってか、モード雑誌などが
注目されはじめているようですが、 厳しい雑誌不況時代に
ハイファッション誌の需要がどの程度あるのか?続くのか?
が個人的に気になります。

そして創刊号の個人的な注目の記事は、

「エディ・スリマンへの100の質問」
「MEETING SPOT マークと高橋盾が、パリで密会?」

の2点。


美しい外人モデルさん達が20万円のブーツを履いて50万円の
ジャケットを着ているような雑誌はあまり読まないのですが、
(というかドメスティック・ブランド好きの私はインポート中心の
雑誌自体あまり読みませんが。)こちらの2点を読む為に購入
してみました。
[PR]
HEDI'S 100 エディ・スリマンへの100の質問

ディオール・オム(Dior homme)のクリエイティブディレクター
だったエディ・スリマンですが、自分が偉大だと思っている
人物はデザイナーではなくミュージシャン。

WWD for JAPAN にも

「ベイビーシャンブルズのピート・ドハーティには多大なる
影響を受けている」

と話していましたが、ヴォーグオムジャパンでもリバティーンズ
現ベイビーシャンブルズ、デヴィットボウイ、クラッシュの名前を
挙げていました。

ディオールファンの方もそうでない方も、この特集記事は
読んでおいて損は無いと思います。 面白かったです。


そして裏原宿ブランドファンにとって気になるのは

マーク・ジェイコブス x 高橋盾 パリで密会?

の記事。


表紙にも

「MARC JACOBS & UNDERCOVER
マークジェイコブスと高橋盾が何かを始めた!?」

と書かれていたので気になっていたのですが、結論が無い。

現時点で進行中のお話という事なのですが、結果は次号
(来年の3月発売号)まで解らないのでしょうか?

ジョニオ氏はハニカムでブログを持っているので、時期が
きたらマーク x ジョニオ プロジェクトの発表があるのかも
しれません。

ラピュタガーデン様

そして、ここでは記事の内容については触れませんが、
高橋盾が行うライブイベントのドールメイキングで作成を
しているキャラクター(顔がライトになっている人形)の
名前が

ミスター・ノー

に決まったそうです。


この人形って名前はあるの?

ジョニオ:
ノー (無いですの意味)

マーク:
じゃあ今日からノーと呼びましょう。
男の子なので君はミスター・ノーです。

ジョニオ:
ブラック・ノーでもいいかも。でもノーという名前は思いつき
ませんでした。

スージー&ザ・バンジーズから、スーっていうのは以前から
考えていたんですけど。


というわけであの人形の名はミスター・ノーになりました。
関連記事

COMMENT 0